知的資産経営推進プロジェクト

知的資産経営とは

ますます不透明感を増す経営環境だからこそ、明確な指針が必要です。

知的資産経営とは、特許・実用新案といった知的財産を超えて、ブランドやコア技術、ノウハウ、経営理念、ビジョン、経営体制、組織風土、そして人的資産など、本来自社の競争力の源泉である無形の資産を「知的資産」として明確化し、社内外で共有、活かしきる経営を言います。

経済産業省の旗振りのもと、先進的な中小企業で効果が認められ、導入が広がっています。
グローバルスタンダードの流れの中、短期的成果にのみ追われがちな現代において、企業の本質を捉えた今もっとも重視すべき考え方です。

img_03

※出所:『中小企業のための知的資産経営マニュアル』中小企業基盤整備機構をもとに一部改変
経営資源として活用しきれていない隠れた知的資産、潜在的な脅威を明らかにし、打つべき手を打ち、自社の潜在力を最大限発揮すること - それが知的資産経営の目的です。
その最大の特長は、強みを個々に捉えるのではなく、「価値創造のストーリー」として因果関係で捉えることにあります。このことで、自社の“勝ちパターン”が明確になり、他社が容易にまねのできない仕組みとして捉える事が可能になります。
さらにその戦略的取組みを社内外に開示・訴求することで信用力が増し、さまざまなメリットを享受することができます。

img_04

 

知的資産経営報告書作成へ

 

知的資産経営推進サービスへ